Hawaiiを感じていただけるような商品を作っています;)

キャンドルの灯し方

キャンドルの灯し方
¥ 12,345
ーキャンドルの灯し方ー


溶けたロウが流れる場合があるので、キャンドルホルダーをセットします。
(ガラス製のお皿などでも大丈夫です)

キャンドルの芯を7mmほどにカットしてください。

火を点火します。

火が大きくなりすぎると、ススの原因になります。
逆に芯が短すぎると溶けたロウに火が埋まってしまいすぐに消えてしまいます。
芯が長すぎた場合は、一度火を消してから芯をちょうど良い長さにカットします。

芯が短すぎた場合は、一度火を消してから芯の周りのロウを少し削ってあげたり、溶けたロウを捨てるなどして調節してください。

火を消す際は芯を割り箸やピンセットなどで
プール(溶けたロウで出来た水溜りのような部分)に倒して火を消してからすぐに真っ直ぐに立てておきます。
次に灯すときも、芯にロウがコーティングされるので火を灯しやすくなります。
この際、息を吹きかけるなどして消すと煙が出たり臭いが出てしまいますので、ご注意ください。

溶けたロウは地域にもよりますが可燃ごみになります。
間違っても、排水口に流さないでください。
ロウが中で固まって詰まってしまいます。
ティッシュに含ませるか、紙コップなどにためておいて冷ましてから捨ててください。

まわりに燃え移るものがないようにしてください。
壁紙なども燃え移ることがあるので注意してください。

連続して3~4H以上は灯さないようにしてください。熱くなりすぎてしまいます。

2~3Hを繰り返して使用してください。

適度な換気をしてください。

空調の風など、直接風のあたる場所では使用しないでください。

屋外で灯したい場合はランタンなどがオススメです。



シェルキャンドルなどは、うまくキャンドルを育てるとまわりのシェル部分が残り
プランター・花瓶・ペン立てなどにまたお使い頂けます。



ぜひ、あなただけのキャンドルを育ててあげてください♪




※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

関連商品